札幌市南区のふとん屋
マルヨシふとん店です


フローリング張りに挑戦!の前に
押し入れを解体し押し入れの中まで
フローリングを張ろうと思います



なんでも知ってる建築士のおじさんに
押し入れの解体方法を聞いた
知識だけは完璧だ…( ̄+ー ̄)


解体後の様子

下は解体前の様子
物を片付けてさあ解体だー!ヽ(´ー`)ノ




下のボタンはバナーです
このバナーをクリックしてもらえると
ブログのランキングが上がっていき
たくさんの方の目に触れることが
出来るよーになっていきます 
ポチって貰えると嬉しいです 
まずはこいつ( ꒪Д꒪)ノ

おじゃましーまーす!
バコ!(いきなりいった!)
どーやらだれもいないようだ…



通常は
建築士のおじさんいわく
こんな風に吊ってる木材があるらしい
さすが手抜き工事、欠陥住宅(ーωー)


どんどんいく  ⊂('ω'⊂ )))Σ≡GO!!
やはり木材など1本も無い…

表の面は取った 次は裏側

ガンガンバキバキ( ꒪Д꒪)ノ

石膏ボードを全部取った
緑のラインに石膏ボードが挟まってた
赤の木材はレールになるような
切り込みがしてあった 
青の用途は全く不明…強いて言うなら
ボードの裏側の当て?とも言うべきか…


赤と青は干渉していない
なんだこれ?

青を取る…いきなり行く<(`^´)> 

斜めに釘打ち込んであって
無理くり抜いて木材も抜いた
柱に差し込む穴がくり抜いてあった
逆にも…(꒪ω꒪υ)
これってなんか意味あんのか…?
柱の強度下がるだけじゃね? 
なんにも吊ってないのに柱掻き込んでる


さてと次はコイツだ




いきなり行く…ってちょとまてヽ ( ꒪д꒪ )ノ


なんか釘が刺さってたので
抜いてからにしよう(^▽^)o



釘を抜いたら取れちゃった
Σ(゚Д゚)欠陥住宅!イヤォ!

まてまてまてまて…(꒪ω꒪υ)
柱くり抜いたところに
この太い木材(赤)で
さっきの細い木材(青)じゃないだろ?



結論 たった釘4本で留まってた(ꐦ ´͈ ᗨ `͈ )



まあいいや上は終わった
次は下の棚だ


解体は作る作業の逆をやる
ってことが基本だそうで…(ーωー)
壁→天井→床 の基本コース

この棚は
横に這わせる木材を壁がない状態で
2本を柱に固定する
そして次は壁を張る
壁はその木材の形を掻き込んで張る
そして垂木をこの木材に直角に
組んでいき上にベニアを張る

って手順のようだ( ꒪Д꒪)ノ 

てなわけでベニアを剥がす


おじゃましーす!(੭ ᐕ)੭*⁾⁾ 

壁との隙間を隠す細い木材を取る


隙間開きすぎじゃね?指が入る笑




ぱっかーん!(・◇・)
あけましておめでとうございます


今度は垂木を解体する

裏から叩くとすぐ取れた…

端っこの垂木の角を削ってある
こーなるということはこの垂木は
壁の施工後の後に組んだことになるな


問題はこの2本だ…
壁に入り込んで柱に固定されているから
完全に撤去するとなれば壁を剥がして
外す必要がある 天井にも影響するから
天井も解体して組み直すことになるな

切っちまうかな…(ーωー)
建築士のおじさんは問題ないって
言ってたし切る方が手間が省けるな…



って思ってた矢先!(。☉∆☉)ワァオ☆
釘打ち込んである(赤丸)
本来は矢印の方向へ木材が伸びていき
縦の柱に釘で留まってるはずだから
釘見えないはずだ…


ガンガンガンガン!( ̄∀ ̄)
ラッキー(๑˃̵ᴗ˂̵)و 欠陥住宅からの
サプライズ!手抜き工事のおかげで
解体が簡単になったぜ!!

木材の余白ほとんど無い!弱いだろ!
でも解体は楽でした(^▽^)o

後ろ側も
手抜き工事手抜き工事…(*^ω^*)
バキッ!簡単に取れるね…


1時間くらいで終わってしまった
本来はもっと手間のかかる作業だと
思います 自分の家は手抜き工事で
仕上がってたようで
すぐ壊せました(^▽^)o


ちなみに(ーωー)
これは手前の横に這わせてあった木材
本来は1本の木材を垂木(45×45)の
本数分を正方形に掻き込んで
はめ込んでいくそうです
これは胴ブチを裏に当てただけ
(o´Д`)=зフゥ…
やれやれ…ビールでも飲むか…